SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

神山純一ブログ

<< 黒部湖 | main | 黒部ダム・最終編。 >>
黒部・続き・・。

皆様、こんにちは・・。

お約束の更新が滞らないように勢いをつけて。黒部は八ヶ岳の森から
2時間くらい。今はもう紅葉だそうです。これは数週間前のもの。

黒部平から大観峰へのロープウエイですが、途中支柱がありません。
2キロ弱、500メートルほど上がるのですが、前方中腹に見える
駅と手前の出発駅でこのロープと客室と定員100人の体重を
支えるわけです。どれだけの重量をどんな基礎で?ロープはどうやって
張り渡した?冬の厳冬期のメンテナンスは?など素人の疑問は尽き
ません。

地下鉄はどのようにして地下に入れたのか考えたら寝られません・・、
なんていう漫才があったような。

 
| 日記 | 16:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ご無沙汰しています。Ocarina吹きのMelodyです。
綺麗な景色に心が癒されました。

はて?ロープは片方で固定して
多分ヘリか何かで反対側まで持って行って
引っ張ったのでしょうか???

(●^o^●)アハハ
| Melody | 2013/10/14 11:22 AM |

皆様、こんにちは・・。

Melody様。なるほど・・。そういう方法も考えられるかもしれません。

しかし、この場所にダムを造って、そこまでトンネルやロープウエイで行けるようにして、とこの地形を見て計画をね人々、実現させる技術と知恵はには驚かされます。

黒部ダム完成50年、とありましたからここにダムが出来たのは50年前。

その時期にそれだけの技術が既にあったのですね。(ロープウエイなどはもっと後でしょうけれど。)
| 神山純一 | 2013/10/14 11:56 AM |










http://blog.supercompany.sub.jp/trackback/1556012